パソコンの目疲れには目薬、体操、温熱パット!

仕事で長時間パソコンを見ていると、目が疲れてきますよね。
そこで私が行っている目疲れ解消法を3つご紹介します。
一つだけ行うのもよいですが、経験上3つともやると目の疲れがすっかり取れます。

目薬

一つ目は目薬です。
長時間のパソコンに集中していると、自然とまばたきの回数が減ってしまいます。
すると目の表面が乾燥してドライアイになってしまいます。
そこで、1~2時間に一度目薬をさしています。
目に潤いますので、ドライアイを防止することができます。
ちなみに、目薬の頻度が多くなるので、私は防腐剤フリーの目薬を使用しています。

目の体操

二つ目は目の体操です。

目はピントを合わせようとずっと緊張状態にあります。
その状態をほぐすために、簡単な体操をします。
まず、目をギュッと閉じます。
それから目を開けて、右回りで三回転、左回りでも三回転、目を動かします。
たったこれだけですが、意外と目疲れが緩和されます。
いつでもどこでもできますので、30分に一度はパソコンから目の体操を行っています。

温熱パッド

三つ目は温熱パットです。
上記の2つでもだいぶ目疲れが軽くなるのですが、どうせなら目疲れのない生活にしたい。
そんな方にオススメなのが温熱パットです。
目の疲れの大きな原因に血行不良があります。
温熱パットをすることで、目の周りの血管を広げて、血流を改善するのです。
私は夜寝る前に温熱パットで目の周りを温めています。
一日の目疲れを取ることはもちろん、そのまま入眠しやすいという利点もあります。

以上、パソコンでの目疲れを取る三つの方法をご紹介しました。
目疲れに悩んでいる方はぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA